ケガや人事の問題について

社員がケガをしたり病気をしたりしたときに企業、人事の担当者がどのような対応を行っていくのかは非常に悩ましい問題があるかと思います。

メンタルヘルス不調により、休職するまたは、復職するといったことや復職したが満足に仕事ができなくなってしまったために、解雇となってしまったなどこういった事に対して紛争が多くなってきています。

採用の場合では、とくに精神障害を雇う場合には、その健康状態を調べることができるのかと言った問題があります。最高裁についてはいかなる状態で雇い入れるかによって自由に決定することができます。
よって精神状態の調査をすることは違法とはいえません。

しかし、不必要な調査を行った場合には、応募者のプライバシーの侵害を下となされてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です