キャンセルしたら罪になる?

近年では、飲食店や旅館の悪質な無断キャンセルが話題になっていますが、法律的にはどんな罪になるのか知っていますか?

もし悪質な客が無断キャンセルした場合に、店側は業務妨害で法的措置を取る事ができますし、あらかじめ定めている予約キャンセル料を請求する事もできるのです。

客を訴えてトラブルになった事によって、店側の評判が悪くなる可能性もあるため、できる限りの対策をしておくと良いでしょう。

客の予約キャンセルを減らすための方法として、予約客の連絡先を聞いておいたり、店側は予約した客に対して、何時に予約が入っているか予約の数日前に連絡を入れておくと客が忘れるのを防ぐ事ができますよ。

キャンセルした場合のルールについて、キャンセルポリシーをあらかじめ決めておき、事前に客にもルールについて伝えておくとトラブルがあった時にも対処しやすいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事