弁護士費用は相手から取る事ができるのか?

誰かに対して裁判をするという場合には、費用はどのくらい必要なのでしょうか?

主に、裁判の費用は弁護士費用や印紙代、証人への費用や鑑定費用、予納郵券代などがあり、証人への費用は証人尋問が行われた場合に払う必要があり、鑑定費用は数十万円くらいかかる事が考えられるのだそうです。

印紙代は訴額によって変わってくるという事ですが、予納郵券代は6千円くらいが必要になり、これらは訴訟費用なので相手に請求できるという事ですよ。

不法行為の場合には請求できると言われていますが、弁護士費用は基本的に相手へ請求できないため、自分で支払わなければならないという事です。

金額は弁護士によって異なるという事ですから、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事