組み体操についての弁護士さんの見解

組みたいそうについて弁護士さんの見解を解説されています。昨年末に組み体操絡みの事件で若いが成立していました。

その事件は世田谷区の小学校で組み体操をしていたところ競技中にケガをしてしまい後遺症がのこってしまたという事件です。こういった事故が発生した場合には基本的には民事訴訟で解決していくことが一般的なようです。

しかし、学校の先生が安全に配慮していたか過失があったかどうかなどが争点となりやすいのですが、学校という閉鎖空間の中でそれを検証するのは非常に難しいとのご意見がされています。そういった場所での証拠集めがなかなか難しいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です