従業員の労働災害、隠すと罪に

労災とは、労働者の業務中の負傷や疾病、障害、死亡のことをいい、他にも通勤災害があります。

一例として、社員が労災事故で休業したが、報告書を提出しなかったとして、労働基準監督署が事業所長を、労働安全衛生法違反として、書類送検しました。

労働安全衛生法で、事業者は労働災害が発生した時、労働者が4日以上の休業、又は死亡した場合、遅くれることなく、労働者死傷病報告書を労働基準監督署長に提出しなければなりません。

報告書の提出は義務であり、故意に提出しなかったり、虚偽の報告をした場合には、罰金が科せられますし、適切な対応が必要ですよ。

提出しなかった場合、被災者への適正な労災給付や補償が受けられなくなったり、労災保険給付を支給を受けられなくなることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事