他人名義のクレカを使うとどうなる?

近年では、金銭の支払いで電子決済を選ぶ人が増加していますが、今や多くの人が持っているクレジットカードの使用には注意点がありますのでご紹介いたします。

仲のよい友人や知り合いの人だとしても、他人のクレジットカードを使って買い物をするという行為は詐欺罪に該当する可能性があるのだそうです。

他人を欺いて財産であるクレカを交付させた人が罪に問われると言われていますし、他人によるクレカの使用については最高裁の判決でも判例があるのです。

もし名義人がクレカを貸す事を承諾したとしても、他人のクレカを使用する事はクレカの利用規約に違反したり、詐欺罪にあたるのだそうです。

クレカは自分自身の物を使用して、他人の物は使用しないよう注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事