禁止されている不正アクセス行為って何?

不正アクセス禁止法という法律が存在していますが、一体どんな行為が該当するのか知っていますか?

SNSやネット通販やメールソフトで利用するIDを持っている人は、それに対応するパスワードをセットで持っていて、これらを入力する事によって個人を識別したり、ログインして個人的に限定されている機能を利用できるのです。

IDとパスワードは識別符号と呼ばれていて、これがあることによって安全な利用が叶うのですが、それが他人に知られてしまった場合、勝手にログインされたり不正に利用される可能性があるのです。

他人の識別符号を本人に無断で入力したり、他人に限定された行為を行う事が不正アクセス行為に該当し、なりすましと呼ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事