脱税の罪は軽い?重い?

中国では脱税が死刑になることもあるそうですが、一例として日本では2015年に、脱税したことで薬局経営者が法人税法違反で有罪になりました。

脱税とは、納税義務者または徴収納付義務者が、偽ったり、その他不正の行為によって、所得税や法人税を逃れたり、または還付を受けることをいいますが、脱税の悪質さによって罰金や懲役が増えることがあるそうです。

昔は1億円以上の脱税額で刑事告発されていましたが、近年では額が下がっていて、数千万円くらいで刑事告発される事案が増えてきているのだそうです。

バレなければ、少しくらいなら平気という甘い考えは捨てて、悪質性が高ければ、金額に関係なく告発されると考えた方がよさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事