傷害の慰謝料について

傷害とは人をけがをさせる行為でそれは当然不法行為になりますので、相手方から慰謝料の請求をされる可能性があります。
例えば交通事故であれば赤い本基準というものがある程度あり、裁判などでは赤い本を基準にしておおむねこの基準にしたがっています。

赤い本に基準というのは表が二つあり、障害でケガを負うようであれば、入院と通院の期間によって慰謝料が決められています。通院を1ヶ月したのであれば慰謝料は28万円ということが相場のようです。

交通事故は過失の場合がほとんどですが、障害の場合には故意による行為ですので、交通事故よりも高い慰謝料という可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事