暴力・暴言をした際の罰則

豊田真由子(とよた真由子)議員の元秘書に対する暴力・暴言についてのことを解説されていますが、ほとんど報道をみたかたの意見と一致するような罰則となるようで、刑事責任として暴行罪、傷害罪がありえそうで、民事責任として不法行為責任がありえます。

また、録音してあるテープには娘に対して危害を加えることも録音されておりこれは脅迫罪に該当されると指摘されています。

これは刑法222条に該当しており、親族の身体、自由、名誉または財産にたいして危害を加える旨を告知して人を脅迫したものも2年以下の懲役又は30万円以下の罰金とするとありますので、完全に該当していると判断できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事