愛犬が起こしたトラブルはどうなるのか

飼い主は、動物が他人に側得た損害を賠償する責任を負うという民法があります。よって愛犬が他人にトラブルを起こしてしまった場合には飼い主が損害を賠償する責任をとる必要があります。

例としてあげますと登校中の児童4人が次々とかまれ腕や脚などにケガをしたという事件が発生しました。
高額の損害賠償となった例としては女性が犬に襲われて転倒し、死亡させてしまったという例があり、5443万円の訴訟となりました。

裁判例だけでもとても多くの訴訟が過去にありますので、損害を負わせる可能性のあるペットを飼っている際にはそうならない万全の環境を整える必要が有ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事