契約書の基本的な知識について

契約とは当事者同士の合意にもとづいて権利義務関係を発生させる行為のことです。
契約自由の原則というものがあり、3つの自由が有ります。
1・相手方選択の自由 2・内容決定の自由 3・方式の自由があります。

契約の拘束力としては契約違反に対する罰則について解除条項、損害賠償条項を定めることによって相手を拘束します。

契約の有効要件としては1つ目に確定性、内容が確定していなければなりません。二つ目に実現する可能性が無ければなりません。3つ目は適法性、例として麻薬を売るなどは適法ではないので無効となります。
4つ目の社会的妥当性では適法性と似ていますが法律にそむいた行為は無効となってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事