境界トラブルの解決方法

土地等の所有においてAとBの土地があたとしますとどこまでがAの所有でどこまでがBとゆう話になってきてしまうかと思います。
その境界をハッキリさせるために法律では筆界や所有権界などを定めてはっきりと定めています。

筆界は法務局に登録されている地番と地番の境界で個人で勝手に変更するkとができません。所有権界はお隣と自由に決めることができる所有権の及ぶ範囲で決定することができます。

こちらの動画では、移権登記した際の解説で例として40年前に移権登記して40年後子供孫の世代になって移権登記したものはどうなってしまうかという問題です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事