法律事務所ホームワン

消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律によっては貸金業者は年利29.2%以内であれば、利息制限法の上限を超える利息をとっても良いということになっており、多くの貸金業者それに近い利息でお金を貸していましたが貸金業者が受け取ってもいいとされていた利息が、グレーゾーン金利と呼んでいます。

過払い金があるかどうかに値撃ては賃金業者からグレーゾーン金利」で借入れしていた分を、「利息制限法の金利に引き直して計算することによって算出することができます。
これは払いすぎているかもしれないと感じたときには相談してみるのが良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事