フラクタル法律事務所

近年、相談者数が増えてきている離婚問題財産問題等に強い法律相談を行っています。

協議離婚では夫婦が自分達で競技して離婚の条件を決めることです。慰謝料や財産分与は離婚後でも話し合うことは可能ですが時候があることは認識しておく必要があります。親権については離婚届を提出する前に、必ず競技する必要が有ります。

養育費や面接交渉について話し合いをしたかについてもチェック欄があります。離婚届を提出しますと離婚は成立しますが、離婚の条件は定めた書面を残すことが後のトラブルを防ぐためにひつお湯になってきます。

協議離婚の場合でもお互いの合意事項を弁護士にチェックしてもらうことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事