職場のハラスメント予防

ハラスメントとは、様々な場面での「嫌がらせ、いじめ」をいい、世界中の企業において問題視されております。他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることが、ハラスメントとなり様々ケースで問題が発生しております。

昨今よく耳にするようになったパワーハラスメントも、その1つになります。
身体的な攻撃(暴行)、精神的な攻撃(名誉棄損・侮辱・暴言)、人間関係からの切り離し(隔離)、過大な要求(不可能な仕事を与える)、過小な要求(能力・経験に比べて低い仕事しか与えない)、個の侵害(過度に私的な問題に立ち入る)といった行為が問題となるが、業種・企業文化など企業によってその線引きが異なるのが現状です。
ですので専門家を踏まえ多角的に定義にについて検討し、たとえ裁判となった場合でも違法とされない線引きを企業側が確立することが大事になります。

ハラスメントの問題は、被害者となった労働者の被害感情が非常に強く、企業への賠償請求のみならず風評被害をまねく場合もあります。
企業としては日頃から予防策を立て、万が一問題が起こってしまった場合にはきちんとした解決策で応じなければなりませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事